Naiko no Shippo

世界をその小股にかける?ナイ子さんとナイ子ママの日記

ヘルシンキ*2日目*

本日は地下鉄に乗り、 マリメッコ本社 &アウトレットショップ へ向かう。 乗車チケットはヘルシンキの 地下鉄やトラムの切符(共通券)を購入できるAPPを利用。 支払いはクレジットカードと 繋げておいた。 一日3回以上乗るなら 一日券がお得だ。 乗車エリア…

プラハ→ヘルシンキ

今日はプラハから フィンランド、 ヘルシンキへ移動✈️ ヘルシンキは +1時間の時差がある。 飛行時間は2時間ちょっと。 この度、 プラハ空港↔︎ホテル間の移動で お世話になったのがこちら 空港では 税関を通って出たところで ドライバーが待っていて くれる…

プラハ*4日目*

なんだか朝から 食欲旺盛 旅館の朝食 ご飯、お代わりしてしまう... 的な... 旅は胃袋を 麻痺させてしまうのか... 本日は観光重視 まずはユダヤ人地区へ テクテク歩いている途中 かわいい車発見 マダムタッソー プラハにもあるのね ユダヤ教礼拝堂 壁中に 文…

プラハ*3日目*

プラハ旅行の前に 地下鉄やトラム(路面電車)の チケットを購入できるアプリを ダウンロードし、Apple Payと 繋げておいた。 チケットは地下鉄、トラム、 バス、共通で 有効時間で選ぶ 例えば... 30分間乗り放題チケットを 一枚購入し、 Apple Payで支払う 電…

プラハ*2日目*

ホテルにて朝食をとり 歩いて 「共産主義博物館」へ向かう。 朝から濃い 途中、 美しい街プラハ...なはずが実際は落書きだらけなのには 驚いた それでもやはり美しい街並み 石畳みも素敵 共産主義博物館入口 あんどー、スキンヘッドのお兄さん 産まれた時か…

旅に出ます

ゲートにまで来てまだ、 おにぎりを買い、 持っていこうとしている 日本食🇯🇵 未練たらたらの わたし🐾 昨夜の夕飯はお寿司🍣💕 とにかく 行ってきます😊

Singapore Day 4

広州では 大根一本でさえ デリバリー。 ちょっと出かけるのも ついつい 滴滴 シンガポールでは たくさん歩いたせいか 疲れてしまった。 今日の午前中は ホテルのプールで のんびり&ぼーっ 昼は近場で サンドイッチを 夫と半分こ ランチのあと、 ユニクロの前…

Singapore Day 3

午前中は 病院にて医師より 夫のCT結果の説明を受ける 「変わりなし」 は、良い結果と受けとめよう 午後は プラナカン雑貨屋、 「Ruhma Bebe」へ。 中心エリアから離れた、 イーストコーストにある。 シンガポールのDIDI「Grab」で およそ13SGD 本来、店内撮…

Singapore Day 2

Day2の朝は ここから始まる 病院のCTセンターにて 夫、CTを撮る。 このたび ここへ来た理由は 夫の定期検査。 今年2月に手術した後、 経過は、定期的に シンガポールの病院で 診てもらっている。 朝からコーヒーも朝食も 取ることができなかった、 かわいそ…

Singapore Day 1

イスラム ヒンズー 「MONEY」だけを 崇拝する人々 インド マレー 中国 ありとあらゆる人種&宗教が 入り混じる ビッグシティ、 シンガポール この小さな国に 世界中から が集まる グリーンクリスマスに 真っ赤なフェラーリ ハンバーガーと ビールで乾杯 世界…

広島にて

今日は 母の髪切る 家を出られない彼女には 訪問美容師の手もあるのだが 母はどうしても 嫌なようで ど素人の私の方が 気楽でいいらしい 知らない人が家に来て 知らない人に髪を切ってもらう それがいやなのだそう やれやれ 夕方からは 妹と飲み 妹には普段…

ロックな夜

長女の私は 子供の頃 ずっと姉が欲しかった 19でひとまわり上の 彼女に出会い 今でも帰国すると 必ず彼女に会いに行く 「人生はロックかロックでないかの二つに一つだ」 とは、彼女の名言。 その彼女にも あと何回会えるのだろう ジャニスとツェッペリンを …

MOZUフレンチ〜六本木〜

東京3日目の夜は ワインが大好きな友人と、 ワイン& スパークリングワインが 飲み放題のフレンチへ こじんまりとしていて アットホームな雰囲気のお店 いい感じ 前菜 ガーデンサラダ 黒トリュフのドレッシング ゴルゴンゾーラと トリュフのスフレ 和牛、ポー…

東京、朝の新宿駅

朝、9時 ホームには溢れんばかりの 人、人、人。 ホームをまともに歩けやしない 10数年前は この中の一員であったことが 嘘のよう 久々に満員電車に突入🐾 でももう もう、無理💦

日本へ

帰国の際は チャイナサザンで いろいろあり 近頃は ANAを利用 機内食苦手な私 牛丼と赤ワインを いただく デザートには ハーゲンダッツの アイスクリーム 快適でござった🐾

広東省の世界遺産~開平~

広州にいる間 是が非でも 訪れてみたかった 開平(カイピン)。 世界遺産なのだそう。 お天気にも恵まれ なんと快晴 すんばらしい青空 自力村到着 村の名前がすごい 自力で守るためか…建物には銃眼が ランチは民家にてスーパーフレッシュチキン 土鍋で炊いた…

東京デイ2

今日は朝からお買い物 「一時帰国お買い物リスト」 にある項目を ひとつひとつ 片付けていく まずは画材屋さんの、 「世界堂」 猫の描き方を勉強したく、 猫に関する本を数冊 と、日本画の本。 あー重いのに また本、 買っちゃったよぉ そのほか、画材を数点…

東京デイ1

北海道に 後ろ髪を引かれながら 東京へ向かう 友人との夕食の前に 新宿を歩いていると 台湾のお茶屋さん、 「一芳」の前を 通りかかった 前のビルに沿って ずら〜〜と、長い列 大人気 さて夕飯は 新宿センタービル別館にある 「音音」(OTO OTO) 〇十年前の記…

北海道 デイ6〜札幌〜

札幌ラーメンの人気店「信玄」 順番待ちの長〜い列は覚悟の上 人気ナンバーワンの コク味噌信州 チャーシュー良し 麺良し スープ良し 夕飯はベタ?!かも でもサッポロビール園 ホテルから歩いてみた 途中通りかかった、 洋服のリフォーム屋さんの窓 レトロ…

北海道 デイ5〜富良野〜

今朝は5時起きで 熱気球体験 期待に胸を膨らませすぎた 行ってみると 真上に ふわ〜と上昇 5分?くらい その場にとどまり 元の場所にさーっと 降りた、だけ え?マジですか 実はこの時期 畑に農作物が植わっているため 着地できるところがなく 移動出来ない…

北海道 デイ4〜富良野〜

小樽から富良野まで 車で約2時間半 ラベンダーには まだ少し早い まずはファーム富田 早咲ラベンダーは きれいに咲いていた 次は四季彩の丘 四季彩の丘には アルパカもいた きれいに毛を刈られ瞑想中 一方、こちらは… 前髪切った方がいいね 日向ぼっこ中のア…

北海道 デイ3〜小樽〜

今日は 「青の洞窟」ツアーに参加する その前に軽くお散歩‍♂️ 旧国鉄手宮線跡地を ぷらぷら 線路脇に 廃墟かと思ったら 現役の飲み屋 こちらも現役 中央市場に立ち寄ってみる 市場の中に なぜか「昭和30年代の間」 そしていよいよ ボートに乗り、 青の洞窟へ…

北海道の旅 デイ1

朝9時 白云空港を発ち その夜8時に 新千歳空港着 さすがに疲れた 老体をいたわり 空港直結の宿で一泊 昼から食べてないので お腹もぐぅー 夕飯を求めて 空港内をうろうろ ほとんどの店が 閉店間もない とりあえず 混み合ってる店は安全かなと ラーメン屋に入…

額装、黒ゴマケーキ、ネギトロ

本日のメインイベントは額装屋へ行くこと 以前、クラスメイトにお願いし 額装してもらったことがあるところだ 親切で仕事も丁寧だったので 書画を額装したいという友人と一緒に行ってみる 実際に行くのは初めてなのでドキドキ とにかく住まいのある珠江新城…

香港で買ったもの

広州でも いろいろな食材が 手に入るようになったとはいえ 当たり前だが 香港にはまだまだ及ばない あれは 2011年の「3.11」の半年後だったか 広州では日本食材が手に入りにくくなり 空のスーツケースを手に 月に一度、香港まで食材調達に出かけた それが…

イヴは香港

突然、夫が 香港へ行こう と、言い出した クリスマスイヴだし ホテル、取るのも大変 レストランだって 案の定 お気に入りの店は すでに予約でいっぱい それでも夫は 自分で探して予約 私はただただ 夫について行くのみ 楽ちん 朝一、9時過ぎの列車に乗り 香…

TOKYO

ちょっくら 東京に行っていた 第二の青春を過ごした新宿 永遠に変わらないものなどない ということを思い知らされる かつてのコマ劇場は ゴジラに取って代わり ぐっちゃぐちゃであったコマ劇場前の広場も すっきりきれいになっていた かつてはアジア最大と言…

広州に無事、到着

DC→NY→広州、 長旅、お疲れさまでした、 の図↓ これまで私の退屈極まりないブログを 読んでくださった皆様、 この度、 ブログ村の 「アメリカ東部情報」から 中国、「広州情報」の部へと 移ります いままで、 本当にありがとうございました そして広州の皆様…

Harpers Ferry

ウエストヴァージニアの ハーパーズ・フェリーは 南北戦争の激戦地として知られている らしいね…知らなかったよぉ(-_-;) 古い建物、古い橋、古い町並み が、好きな私のために 友人が 「見せたいものがあるの」と、 連れて行ってくれたのがここ 古いお店が残…

Maine day-3

メイン州の旅、三日目 ムース・サファリのガイドさんとともに 野生のムースを探しに 朝5時半に宿を出発 雌のムースと子供のムースを発見 ガイドさんの”目の良さ”にびっくり ↓鴨の親子 このリフレクションの美しいこと↓ 車から降りて小さなボートに乗り ムー…